セリーヌ フォレスティエ & ラマルク*

今春咲いたセリーヌ フォレスティエとラマルクの様子を~

セリーヌ フォレスティエ
ノアゼット 1858年 A.Leroy作 フランス
繰り返し咲き 中香
半つる性(剪定して鉢栽培でも咲く)

やさしい黄色のロゼット咲き

4月30日 蕾がほどけてきました!

蕾はピンクなので、外側の花びらにピンク色がうっすら残っています。

次の日~ 中心がほどけてました!

また一日経って~ 開ききりました!

中心がやさしい黄色で、黄色いバラとも白いバラともいえそうな色合いです。

このお花は黄色味が強いかなぁ~

咲き進むと全体的に白っぽくなってピンクを帯びてきます。

どちらかというと、ポツポツとしか咲かないのかと思っていたら~

今年は立派な房咲きになった枝もありました。

セリーヌ フォレスティエ *前回のページを見る

こちらも同じノアゼットのラマルク

セリーヌ フォレスティエよりも花びらは少なく、こちらは開くと真っ白になります~**

開くとほんわか~となってセリーヌ フォレスティエとは印象が違うけど、左上のお花を見ると開花の様子が似ているな~と思います。

ラマルク
ノアゼット 1830年 Marechal作 フランス
繰り返し咲き 強香
半つる性(剪定して鉢栽培でも咲く)

繊細な花弁のアイボリーの中輪花
花は基本的には単花咲きになりやすく俯き気味に咲く
グラハム・トーマス氏が、この品種を、”A great treasure.”(大事な宝物)と絶賛した

バラ本には、単花咲きになりやすく~とあるけど房になって咲きます。

明るい緑の葉と白いお花のバランスも良いバラです*

ラマルク*前回のページを見る

ブログランキング・にほんブログ村へ



 


~花たちの四季 blogへ~
コメントはこちらでお願いします♪
 

プロフィール

〈 soyokaze-green 〉
花とみどりを育てるのが大好きです!
マンションのベランダとバルコニーで花育てしています*