チャールズ ダーウィン* イエロー、マスタード、アイボリー色へとうつろう~

バラ チャールズ ダーウィン

チャールズ ダーウィン*

黄色系のイングリッシュローズだけど、少し変わった色合いのバラ。

2011年に初めて開花しました~**

満開のピンクのギョリュウバイとジャスミンをバックに美人さんです(^0^)

バラ チャールズ ダーウィン

チャールズ ダーウィン
イングリッシュローズ 2001年 D.Austin作 イギリス
繰り返し咲き 強香
シュラブ

イングリッシュローズはご近所のお花屋さんでも手に入りますが、欲しいと思った種類がなかったりと、なんだか後回しそれに、育ててみたい種類が多くて、絞り切れなかったり。。。

通販で、数本お願いしようと決め、リストを作り、悩みまくり。で、結局、何故か第一候補群ではない、このチャールズ ダーウィンを選んだわたし。

「イングリッシュローズの中では大輪の部類」という説明をしているカタログもあったのですが、そうでもなさそう。一枝に四つぐらいずつ蕾が付きました。

バラ チャールズ ダーウィン

まず、各枝、一つずつお花が咲き、そのお花が終わる頃、あとのお花が同時に咲いたところ。
数日お休みしているし、パワーが足りなくて開かないかと思いましたが、しっかり開いてくれました。

バラ チャールズ ダーウィン

こちらはー

同時には開かなかったけど、上のお花より少しオレンジ色が強い?

カタログではー

イエローに始まり、マスタード、アイボリーへとうつろう~* とあります。

この変わった色合いの変化が見たい~と、このバラを選んだのだけど、形も美しいし、思ったよりコロンとしていて可愛い感じ。「来年はどんな風に咲いてくれるんだろう~」と期待が高まります!

そしてー 次の年、2012年は期待通りのお花を見せてくれました。

2012年の、No.1ローズになりました。と、勿体ぶって、明日につづきます~~

チャールズ ダーウィン*つづきを見る