季節が進んでいます

ホワイトとブルーのお花たち

一番遅咲きのバラ、フェアリーボタンは見頃を迎えていますが、バラの季節は終わり、早咲きのバラは早くも蕾を付けています。季節がどんどん進んで、バルコニーは忙しいです~

ヤマアジサイも早いものは終わりかけています。育ててみて分かったのですが、ヤマアジサイって早く咲きますね。バルコニーがコンクリートで包まれていて、気温が高いからかなぁ。バラが終わってから咲き出してほしいのですが、毎年、終わらないうちに咲き出して、お花を見るのに忙しいです。

ホワイト×ブルーガーデン風と名付けているいるコーナーも、モッサモッサと茂ってきましたよ!

写真下の白いお花はノリウツギ ダルマで、水色のお花は、オキシペタラム ブルースターです。ブルースターは、たくさんお花が付いてきました!これ、生育サイクルが良く分からなかったのですが、今年で3年育てたのでちょっとわかってきました。詳しくはまた記事の中で書きます。

ブログの方なのですがー

以前のブログをこちらに移転させて、続きを書こうと決めました。いったん区切って、新しく書こうと思ったのですが、関連した記事を書いた時に見やすいし、続けて書きたくなり、そう決めました。そう、決めるまで、またWordPressをこてこてさわってました。やっぱり、わかったつもりでもわからなくて・・・

とりあえず、移すのは簡単にできたのですが、整える作業がとんでもなく面倒くさいです。カテゴリーが崩れてしまっていたり、イロイロと細かい所を修正したくて、気が遠くなっています。修行のような作業がまだまだ残っています。そればっかりしていても面白くないので、新しい記事も書き始めました。あっちやったり、こっちやったり、で、これも書いたり。

いや~いつになったら公開できるでしょうか?!でも、一時期のやる気なさからは復帰できたような気がするから、何時かは出来るんじゃなかろうか?!

夏の水やりが大変だから、今年は少な目にしておこうかと思っていたけど、ダリアも育ってきているし、またお花屋さんへ行ってしまいましたよ。

明日は早起きして、ルンルン♪植えます♪


ようこそ!!

我がサイトへようこそ!!

お越しくださいまして、ありがとうございます!

また、気持ち新たに始めようと思います。

と、意気込んでいたのですが、ホームページを始めて、かれこれ13年目になり、中だるみどころか大だるみ状態に陥っています。

お花育ての方は、今の所に引っ越ししてきて10年目に入り、そろそろ大規模修繕に向けて縮小していかなくてはいけない状態ですので、気持ちの方も縮んできています。そう、この二年間が今のバルコニーでの花育てのクライマックスだったわけです。

これからしばらく、どういう気持ちで、このサイトを運営していけるか、ちょっとわからない状態ですが、細々とは続けていくつもりですので、見守ってくだされば幸いです。

とりあえず、昔の記事は一日一記事を目標にして、チェックして公開していきたいと思います。転送の関係上、数記事を何日かに一度、更新すると思います。Wordpressの使い方も、なかなか慣れず、お見苦しい箇所だらけですが、よろしくお願いします!!

このブログは、コメント欄を設けるための補助的なものですので、頻繁には更新しない予定です。


バラ講習会

昨日、陽春園さん主催の講習会に参加しました。

「野生のバラ・原種のバラ」 講師 バラの生産者(有)確実園 前野義博氏

前半は、テーマである、日本内外の野生や原種のバラのエピソードいろいろ。最近、やっぱりオールドローズええなぁ。ローズヒップが実る原種もいいなぁ。と園芸本見ているので、興味深々でした。

後半は、オマケでいただけたハイポニックスさんのカタログを見ながら、育て方や品種の違いなどの講習でした。

特に印象に残ったところは、バラの種類の紹介で、「イングリッシュローズは、カタログ通りにいかない。」というところ。○○という品種を、ある人は、「四季咲きが強い」と言っても、ある人は「まったくといっていいほど春以外は咲かないよ」と言う。場所を選ぶ品種が多いのでは?ということでした。バラ園で見ても場所によって咲き方が違って見えるような気がしますね。

ウチのイングリッシュローズでいうと、最近、そんなに日光を当てないでもいいかなぁ、という気がしてしました。「バラは日当たりが大事」というけど、それも限度がありそうです。我が家の場合、バルコニーの北側は、日が昇ってから沈むまでずっと日が当たります。夏は乾燥するし、暑いですしね。イングリッシュローズの故郷のイギリスはそんなに日照時間長くないですものね。

それと、ハークネスのバラは、背が低く、たくさん咲き、日本向きとのこと。宣伝が足りないんですよね。と仰ってました。日本ではタキイが扱っているとのこと。また、チェックしてみよう。でも、前回、タキイさん、以前よりバラの扱い減っていたように思いますね。

育て方で、口を酸っぱくしておしゃっていたのは、可愛がり過ぎないこと、肥料は薄くして回数を多く、肥料に頼るのではなく、よい土作りを! そして、薬剤は、違うものを交互に使う。

消毒の話を聞いていたら、無農薬の私は、そんなに面倒くさいことできない~と、しばし、放心状態に! 笑

バルコニーの環境が合っているから無農薬でも育てられるのですけどね。でも、そうじゃなかったら、いくらバラが好きでも他のお花とチェンジするかなぁ。


1 67 68 69 70 71